ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ)を運営する式会社 LIFE CREATEは、7 月 15 日より当スタジオ 1 番人気の「リンパデトックスヨガ」を夏向けにアレンジした「発汗革命リンパデトックスヨガ」を開始する。

同社では「3つの革命」をテーマに当プログラムを開発。

  1. 環境で発汗革命 高温度/低湿度の温度 40度/湿度 50%にすることで、気持ちよく汗を流せる
  2. 香で発汗革命 ジンジャーなど特別ブレンドのアロマを使用し、発汗効果を促す
  3. マッサージで発汗革命 「カッサ」や発汗を促すクリームを使用して、よりデトックス効果を高める

全国の40店舗にて、 7月15日~10月15日期間限定でレッスン予定となっている。 

発汗を促す3つの革命について コメント

  1. 環境で発汗革命 ~なぜ、温度 40 度/湿度 50%にするのか?~
    ホットヨガスタジオ ロイブでは、通常温度 38 度/湿度 65%に設定しております。今回はより汗をかくために温度を 40 度に上げました。そうすると体への負荷が強くなってしまうため、湿度を下げて負荷を軽減しました。一般的に「ジメジメ蒸し暑い嫌な季節…6~8 月は湿度 65%以上。これ以下にすることで不快な暑さではなく気持ち良い温熱環境をつくりました。
  2. 香で発汗革命 ~なぜ、アロマで発汗するのか?~
    冷え性に効くと言われるジンジャーを配合した、特別なアロマを用意しました。アロマ成分が体内に入り、血液に乗って全身を循環することで、代謝を上げて発汗を促します。
  3. マッサージで発汗革命 ~なぜ、マッサージで発汗するのか?~
    『刮痧(かっさ)』は「刮(かつ)」は削るという意味と「痧(さ)」は動けなくなって滞っている血液の2つの文字からできています。名前の通り、かっさを使ったマッサージは、リンパを刺激し、毛細血管に圧を加えて血液の毒を肌表面に押し出し、血行の流れを良くする効果があります。

 

夏こそホットヨガをお勧めする3つの理由

ホットヨガの温度・湿度の高い環境で身体を動かすことで、身体が内側から温まり、血液が循環し、汗腺の働きも活発になる。

  1. 意外と身体は冷えやすい
    室内は冷房が効いていますが、外では 30 度を超える炎天下に。激しい温度差に対応しきれず、血流が悪くなりやすい。
  2. 内臓に負担がかかりやすい
    かき氷、アイスコーヒー、キンキンに冷えたビール。真夏に冷たい食べ物・飲み物はとてもおいしいが、内臓が冷えて基礎代謝低下やホルモンバランスが乱れたり、内臓に近い子宮の冷えにもつながるといわれている。
  3. 夏バテしてしまう
    汗腺の働きが鈍ると体温調節がスムーズにできなくなり、自律神経が乱れる事から夏バテになることがある。

 

実施店舗

以下 40 店舗にて 7月15日~10月15日期間限定でレッスン予定となっている。

[北海道・東北]札幌駅前店、旭川店、函館店、秋田店、仙台店、山形店
[中部]長岡店、富山店、長野店、松本店、金沢店、小松店、浜松店、名古屋駅前店、長久手店、岐阜店、各務原店
[関東]ロイブプラス銀座店、自由が丘店、町田店、池袋店、ふじみ野店、水戸店、小山店
[近畿]なんば店、天王寺店、高槻店、京都四条店、神戸三宮店、姫路駅前店、ゆめタウン姫路、和歌山店、紀伊川辺店、
[四国・中国]岡山店、倉敷駅前店、高松店、イオンモール高松店、丸亀店、徳島店
[九州地方]福岡 PARCO 店、宮崎店

詳細はこちら:https://www.hotyoga-loive.com/information/hakkanlymph/