東京・西麻布にあるCrossFit Heart & Beautyでは、以前からコミュニティが形成されており、新型コロナ禍以降も退会者が少なく、新規入会の獲得に も成功している。同クラブのコミュニティ形成の要因にもなっているのが、 仲間とともに行う高強度のトレーニングだ。プリコーのAirBike Classicを導入し、メンバー皆でトレーニングしている姿は壮観ともいえる。

Nicholas Pettas 氏
Reebok Master Trainer CrossFit Level 2 Certification

メンバー同士のコミュニティができるほかにはないトレーニングを提供

クロスフィットは世界16,000店舗、 日本でも40店舗以上に拡がっている。東京都港区にあるCrossFit Heart & Beautyは、会員数約300名、20〜30代が多い。施設の延床面積は約80 坪で、AirBike Classicのほか、ローイングマシンとフリーウエイト、トレッドミルなどが置かれている。これらを 使い、毎回異なる高強度のファンク ショナルトレーニングを提供するのが クロスフィットの特徴だ。

クロスフィットのメンバーは、「仲間と一緒だからきついトレーニングができる」「皆でがんばることが気持ちいい」と、仲間意識が強い。ソーシャルイベントも定期的に開催しており、メンバー同士のコミュニティができている。4〜5月は休業していたが、そのコミュニティの強さ故か会費を通常通り支払うメンバーも多く、営業再開するとほとんどのメンバーが来館している。さらに、営業再開以降、1ヶ月間で新規入会者は50名以上にのぼる。この理由についてペタス氏は、「ほかにはないトレーニングを提供していること、休業中もほぼ毎日トレーニング動画や食事レシピの動画をSNSにアップしていたこと」と分析する。

世界大会で使われるマシン 全身を使い、心肺機能が向上

ペタス氏が同クラブのバイクに AirBike Classicを選んだ大きな理由が 「クロスフィットの大会で使われてい るから」。クロスフィットは、年に1 度、数日間に渡りトレーニングの成果 を競う世界大会「CrossFit Games(ク ロスフィットゲームズ)」が開催される。 本決勝大会はアメリカでは4大スポー ツと並ぶほどの人気を誇る。この大会 で使うマシンは、クロスフィッターに とって馴染みがあり、また日常的にそ れを使ってトレーニングできることは メンバーにとって嬉しいことだ。

CrossFit Heart & Beautyは、ウォー ミングアップに使ったり、高インター バルトレーニングに採り入れたりして おり、ほとんどのメンバーがAirBike Classicを使っている。

AirBike Classicの一般的なフィット ネスバイクと異なる特徴は、手足を同 時に動かすことと電気ではなく一人ひ とりのペダリングやプッシュ・プル動 作の速度と強度に合わせて抵抗が自動 的に上がるように設計されていること。

「全身を動かすため、心肺機能向上に効果的です。目標心拍数に合わせてギアをセットし、コンソールの表示を見て負荷を変えることができます。とてもきついトレーニングですが、クロスフィットのメンバーは皆そのきつさを楽しんでいます」

HIIT に最適なAssault シリーズ 自走式で強度調整しやすく移動が簡単

プリコーはAssault シリーズとし て、CrossFit Heart & Beautyで使用 しているAirBike Classic以外にもロウイングマシン「AirRower Elite」、ランニングマシン「AirRunner」、バイク「AirBike Elite」の4種類を用意し ている。これらは、高強度インターバルトレーニングに最適化されており、 モーターがなく自走式であることが特 徴だ。これに伴い、電源も不要で、マシンの移動も簡単にできる。また、ユーザーに適した負荷の調整が可能だ。