新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、国内ほぼ全てのスポーツ活動、スポーツイベントが中止や延期を余儀なくされた。

6月のプロ野球・Jリーグを皮切りに少しずつスポーツ活動や大会が再開したものの、感染予防対策を施しながらの活動や過密な試合日程による選手への影響は大きく、コンディショニングやメンタルコントロールが不可欠。

選手やチームはどのような影響を受け、コロナ禍をどのようなマインドで過ごし、コロナを抜けたのちの選手活動の本格再開に向けてどのような取り組みをしているか。withコロナからアフターコロナ時代に求められるトレーナー像とは。

今回のオンラインセミナー第一部では、学生からプロアスリートまで幅広く帯同されている株式会社e-MOTIONs 代表取締役 渡部 真吉氏より、withコロナ時代における選手を支えるトレーナーという職業の在り方を、第二部では、いよいよ10月に開幕予定のBリーグ・レバンガ北海道S&Cコーチ 大塚 健吾氏より、コロナ禍におけるプロバスケットボールチーム内でのコンディショニング・選手の支え方への取り組みを紹介いただく。

全国のトレーナー、選手指導者の皆様に必聴の内容となっている。

セミナー概要

テーマ:withコロナ時代のトレーナーの存在意義を問う-選手のコンディショニング調整とメンタルコントロールのための取り組み-

【第一部】「withコロナ時代に求められる新しいトレーナー像」

講師:渡部 真吉氏(株式会社e-MOTIONs代表取締役、柔道整復師、NSCA-CPT、健康運動指導士、秋田ノーザンブレッツRFCアスレティックトレーナー、J3いわてグルージャ盛岡S&Cアドバイザー)

講師プロフィール:
東北、秋田県を中心にストレングス&コンディショニングコーチ、アスレティックトレーナーとして活動。「動けるカラダづくり」をコンセプトに掲げ、アスリートのみならず、子供から高齢者まで、身体活動と健康の素晴らしさを伝えるべく、整骨院、デイサービス、トレーナー派遣、子供向け運動教室、パーソナルジム等のヘルスケアサービスを多面的に展開する株式会社e-MOTIONsを設立。
トレーナーの価値を高め、活躍出来るフィールドを拡げるべく、国内外を問わず精力的に活動している。

【第二部】「コロナ禍におけるプロバスケットボールチーム内でのコンディショニングの取り組み」

講師:大塚 健吾氏(レバンガ北海道S&Cコーチ)

講師プロフィール:
GO代表。ストレングス&コンディショニングコーチ。BリーグでフルタイムS&Cコーチとして活動する傍ら、デフアスリート(聴覚障害)や盲ろう者へのトレーニング指導も行っている。

各講師の講演後、パネルディスカッション・質疑応答

開催概要

  • 開催日時
    9月14日(月)19:00-21:00
  • 開催形態
    Zoomウェビナーによるオンライン配信
  • 定員
    300名
  • 料金
    無料

※9月以降のSPORTECオンラインセミナーのお申込にはTSO MEMBERS SHIPに登録が必要。今回のオンラインセミナーにお申込された方はTSO MEMBERS SHIP(無料)に登録される。TSO MEMBERS SHIPについてはセミナー中やメールDM、フェイスブックなどにてご案内される。

最新情報はFacebookからも確認可能
https://www.facebook.com/sports.expo

お問合せ先

SPORTECセミナー事務局(TSO International株式会社内)