テクノジム本社にて、世界トップクラスのアーキテクト、パトリシア・ウルキオラ氏、マルコ・ピヴァ氏、そしてケリー・ホッペン氏による計3回のオンラインウェビナーを開催し、健康、エンタテイメント、そして心と身体のバランスが将来の建築とデザインのコンセプトに不可欠になってきている近年のトレンドについて語る。

このシリーズは日本時間10月5日(月)午後10時、ウルキオラ氏のウェビナーからスタート。

※ウリキオラ氏及びピヴァ氏のウェビナーはイタリア語(英語サブタイトル付き)、ホッペン氏のウェビナーは英語(イタリア語サブタイトル付き)となる。

各ウェビナー詳細

パトリシア・ウルキオラ氏

スペインのオビエド出身のパトリシア・ウルキオラは、マドリッドのポリテクニカ・デ・マドリッド大学で建築とデザインを学び、ミラノ工科大学でアキレ・カスティリオーニ氏の指導の下で卒業した。
彼女のキャリアのハイライトは次のとおり:ミラノとパリにおいてアキレ・カスティオーニ氏とエウゲニオ・ベッティネリ氏のアシスタント講師、DePadovaの新製品開発室の責任者、Lissoni Associatiのデザイングループの責任者であるヴィコ・マジストレッティ氏VicoMagistrettiと協力している

ウェビナー日時:日本時間10月5日(月)22:00~22:30

ウェビナー申し込みページはこちら

マルコ・ピヴァ氏

エキサイティングで流動的、機能的。これは、マルコ・ピヴァの建築作品、製品デザイン、インテリアデザインを明示する言語です。素材の研究と技術開発、差別化のもたらす価値、デザインの革新における努力は、Studiodada Associatesの設立をリードし、そのプロダクションはラジカルデザインの時代の最も代表的なものの1つになる。 1980年代に、Studio Marco Pivaを開設。その仕事は、大規模なプロジェクトから建築のインテリアデザイン、工業デザインにまで及ぶ。旅行者でありデザイナーであり、合理的なアプローチで教育を受けたイノベーターであるマルコ・ピヴァは、スタイルの自由と構成の冷静さによって浸透するデザインソリューションを研究し、作成している。

ウェビナー日時:日本時間10月8日(木)22:00~22:30

ウェビナー申し込みページはこちら

ケリー・ホッペン氏

デザイン業界の最前線で40年以上の経験を持つケリー・ホッペンは、世界で最も有名で人気のあるインテリアデザイナーの1人。ケリーの世界的に有名で進化し続けるスタイルは、東と西の微妙な融合によって定義されている。すっきりとしたラインとニュートラルなトーン、直感的に贅沢な暖かさとバランスが取れている。ケリーのポートフォリオは、過去40年間にわたる多様なプロジェクトの選択を誇っている。ケリーのチームは、世界中の個人顧客の住宅、ヨット、ホテル、プライベートジェット機に及んでいる。これには、中国の深圳湾での非常に人気のある高級レジデンスから、印象的なクルーズ船までが含まれる。ケリーは豊富なデザイン賞を受賞しており、2009年にはインテリアデザインへのサービスでMBEに選出された。

ウェビナー日時:日本時間10月15日(木)22:00~22:30

ウェビナー申し込みページはこちら