2020年は新型コロナウイルス(以下、コロナ)に世界中が振り回され、フィットネス業界も多くの退会者が出る苦しい事態となった。’21年はそこからの回復を目指す重要な年となる。徹底した感染予防対策を行いながら、人々に再びクラブに足を運んでもらえるよう、取り組みたい。

株式会社ビックス(以下、ビックス)では、フィットネスクラブの回復を後押しするため、感染予防対策に特化したアイテムをそろえるPROTECT PROJECTの第4弾として、世界初(※特許第5427093号) となる、効果を見える化した光触媒コーティングの提供を開始した。

  • 山田明生氏
    株式会社ビックス 事業本部 事業統括本部長
  • 新保秀和氏

    株式会社ビックス セールスプランニングディビジョン 営業部 部長 フィットネス研究室 室長

  • 長谷部圭史氏
    株式会社ビックス 営業部兼OOH 部 アカウントエグゼクティブ

99%以上の割合でウイルスを不活性化 効果の見える化で安心を提供

これまで28年にわたりフィットネスクラブの販促を手がけているビックス。’20年5月からは、コロナの感染対策に悩む施設からの相談を受け、PROTECT PROJECTとして、感染予防対策に特化したアイテムの取り扱いも開始し、それぞれの施設の状況に合わせて最適なアイテムを提案している。

これまでにマシンの仕切りなどに利用できる「フリーパーテーション」や「抗菌・抗ウイルスCU(銅)フィルム」「フェイスシールド」を提供してきているが、10月から第4弾として新たに光触媒コーティング『SUN ECOAT(サン エコート)』の提供を開始した。

これは、光をエネルギーとして物質に化学変化を起こさせる触媒を混ぜた塗料を壁などに塗布することで、光触媒の酸化分解効果により活性酸素を発生させ、菌やウイルスを瞬時に酸化させて感染力を奪う仕組み。コロナはもちろん、インフルエンザやノロウイルスも99%以上の割合で不活性化させるという高い効果を発揮する。

従来の光触媒製品と大きく異なる点は、世界初となる「効果の見える化」に成功したことだ。試薬を用いて活性酸素の発生量を測定することで、これまで難しいとされていた光触媒の効果測定を実現させた。

「光触媒自体は10年以上前からありますが、これまで効果を測る方法がありませんでした。すでに多くの製品があり、フィットネスクラブさまとしては選択に迷うところでしょう。効果をきちんと見えるかたちにすることで、安心して導入いただけると考えました。こちらの製品は特許も取得済です(特許第5427093号)」(長谷部氏)

光触媒はウイルスだけでなく、カビや細菌などにも同様の効果を発揮するため、匂いの気になりやすいトイレや脱衣所、ロッカーなどに塗布すれば消臭効果も期待できる。コーティングにより汚れもつきにくくなるなど、清潔な施設環境づくりをサポートしてくれる。

感染予防を徹底した施設づくりが顧客回復への近道

SUN ECOATは一度塗布すれば効果が数年間にわたり持続するため、頻繁に塗布し直す必要がなく、気になるコストも抑えることができる。施設規模にもよるが、屋内施工も約1日とスピーディなため、休館日で完了できることも嬉しい。

「マシンや電子製品を傷めることもありませんし、エタノールが含まれた布などで拭いても効果が落ちません。光触媒製品のなかには手で触れると白くなるなど、塗布した薬剤が取れてしまうものもありますが、そのようなこともありません」(新保氏)

これまで東京国際フォーラムや関西国際空港施設、イオンモール、ホテルなど多くの施設に導入されており、’21年1月には大手娯楽施設にも施工が予定されるなど、不特定多数の人々が利用する施設に導入されていることが、その効果を実証しているといえる。

山田氏は「多くの施設さまが、コロナ禍で退会者が出て苦しんでいることを感じます。長年お世話になっているフィットネス業界に今こそ恩返しがしたいと考えています」と語り、これまでの販促サポートに合わせて、今後は感染予防対策へのアドバイスにも力を入れていきたいと考えている。

なお、すでに光触媒コーティングを実施し、その効果を測ってみたい施設はビックスまで気軽に連絡してみてほしい。無償でチェックしてもらえる。

フィットネスクラブに再び活気を取り戻すには、まず感染予防を徹底し、安心・安全な環境を整えることが必須条件となる。その効果が視覚的に確認できれば、クラブスタッフも自信をもってお客さまを迎え入れることができるだろう。効果検証の結果は施設内に掲示してもいいかもしれない。お客さまも安心して施設を利用できるようになるはずだ。

コロナ禍で、人々の健康への意識は間違いなく高まっている。安心・安全に利用できる環境を整え、今こそフィットネスクラブが人々の心身へもたらす効果を広めていきたい。