世界最大で米国約600店舗展開する急成長ピラティススタジオ『CLUB PILATES(クラブピラティス)』の日本法人である株式会社Club Pilates Japanが、今後日本でのフランチャイズ展開を加速するにあたり、会員管理・予約・決済システム基盤に「hacomono」を導入した。

WHAT’S 「CLUB PILATES」
「CLUB PILATES」は、2007年にカリフォルニア州で第1号店をオープンして以来、北米で約600店舗を展開している今最も勢いのあるフィットネス・スタジオ。
マシンを使うリフォーマーピラティス専門スタジオで、数多くの機能を搭載したハイブリットマシンを用いたグループレッスンを提供している。
1レッスンの人数を12人に絞ることで、アットホームな空間と受講者同士のコミュニティ醸成・ワークアウトの一体感を狙っており、“美しいカラダ”作りはもちろん、ピラティスを日常に取り入れることによるライフスタイルの豊かさを提供していく。
国内では、2019年12月の恵比寿での1号店出店を皮切りに、2030年までに日本国内で200店舗の出店を目標にしており、江の島(神奈川県)、麻布十番(東京都)など、全国各所への出店を計画している。

 

●CLUB PILATESがhacomonoを採用した主なポイントは以下の3点

  1. 予約のしやすいモダンなUI / UX
  2. 会員・スタッフ双方にとってスマートなシステム
  3. 今後のフランチャイズ展開に必要となる拡張性

 

体験予約・決済から入会手続きまでがお客様自身のスマホ端末で完結し、店頭での事務手続きや支払手続きが簡潔に。自分の契約プラン確認や、予約、キャンセルが電話をせずに可能で、Webからの完全予約制レッスンのため、プライベートや仕事の都合に合わせて計画的に通うことができるよう配慮してある。導入後の会員・スタッフ双方からの評判も良く、使いやすく・面倒な手続きが減少したと評価されている。

hacomonoとは
https://www.hacomono.jp/

hacomonoは株式会社まちいろが開発・販売する次世代フィットネスクラブのための会員管理・予約・決済システム。オリジナルの会員サイトを素早く立ち上げることができ、入会・予約の主導権を利用者へ渡すことで、利用者・スタッフ双方の事務手続きを大幅に削減。店舗での顧客体験を飛躍的に向上させる他、スタッフのバックエンドにおける現金管理や事務手続きが不要となる。店頭チェックインもタブレットでできるため、フロント業務も不要に。手続きをオンライン化することで手間なくデータを蓄積し、正確な会員属性分析・来店頻度分析・インストラクターやプログラムごとの入会率分析などが可能となる。