月謝制サブスク店舗のための次世代 会員管理・予約・決済システム「hacomono」(https://www.hacomono.jp)が、2021年1月15日より社名を「株式会社まちいろ」から「株式会社hacomono」に変更した。

代表メッセージ

日頃より格別のご高配をいただきまして厚く御礼申しあげます。新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様、及び関係者の皆様に、謹んでお見舞い申し上げますとともに、1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。
さて、このたび弊社は、今後もより一層店舗ビジネスに向き合い、業界のより良い未来を築いていくため、「店舗ビジネスのネクストスタンダードをつくろう」というミッションを掲げ、社名を変更させていただきました。
新しく生まれ変わった、hacomonoの社名は、私たちがhacomonoユーザーの皆様と共にあり続ける決意の表れです。

これからも、店舗ビジネスにおいて、テクノロジー企業として社会的責任を果たし、顧客・ユーザー様の、より良い未来をつくる使命を果たしてまいりたいと思います。

代表取締役 蓮田健一

社名変更の概要

  • 新社名
    株式会社hacomono (英語表記:hacomono Inc.)
  • 新URL
    https://www.hacomono.jp/(2021年1月15日より)


ミッションステートメント

背景

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、フィットネスクラブ・ヨガスタジオをはじめ、様々な関連施設が感染対策の一環としてより良い非対面化サービスを模索する動きが始まった。

コロナ禍で業界店舗の閉店が目立つようになり、店舗経営者の未来に対する不安、売上に対する不安はとてつもなく大きくなっている。hacomonoは、単なる業務効率化ツールではなく、導入店舗の売上トップラインを上げられるシステムとして、これからも店舗とともに苦境を乗り越えるサポートをしていく。

hacomonoについて

「hacomono」はリアル店舗における予約・決済や入会手続きがお客さま自身のPCやスマホ端末からオンラインで完結し、店頭での事務手続きや支払手続きが簡潔になるクラウドサービス。店舗側では月謝引き落としや未払徴収に関するオペレーションも自動化され、スタッフ業務の大幅省力化を図ることができる。

オンライン、サブスクリプションビジネスの社会的ニーズが高まる中、製品開発とカスタマーサクセスの強化を行い、新時代のリアル店舗におけるデジタル化をリードしていく。