フィギュアボディ名古屋栄 三立化工機株式会社 新事業開発事業部 部長 小川慎一氏

愛知県に本社を置く三立化工機株式会社は、製造業と東海エリアで飲食業を営んでいる。

2013年からはFC事業でフィットネスクラブの運営を開始し、’19年3月にリニューアルを行った。それまでのジム・スタジオ型から、延床面積250坪という日本最大級の女性専用24時間ジムとして生まれ変わり、TRXスタジオラインとTRX MAPSを活用し、幅広いニーズに応えようとしている。

豊富なコンテンツと様々なレベルのトレーニングが決め手

フィギュアボディ名古屋栄は、様々な運動レベルの会員を想定し、エクササイズの強度を自由自在にコントロールできるTRXスタジオラインを導入した。三立化工機株式会社新事業開発事業部部長 小川慎一氏は「ファンクショナルトレーニングを検討したなかで、様々なコンテンツがあったこと」が決め手になったと述べている。

TRXスタジオラインは、筋力、バランス、柔軟性、敏捷性、コアの安定性などフィットネスのあらゆる要素を向上することができる総合的なファンクショナルトレーニングを提供する。

施設のスペースに合わせて設置できるうえ、どんな目的にも応えられるフレキシブルさが好評だ。

同施設ではTRXスタジオラインで構成する「ファンクショナルトレーニングゾーン」のほかに、ランニング、バイク、クロストレーナーなどの有酸素運動系のマシン「カーディオゾーン」、様々な部位をトレーニングできる「アドバンスゾーン」を構築したことで、アスリートはもちろん、運動を始めたばかりの方や機能回復を目的とする方にも全対応できるようになった。

スタッフのいない24 時間ジムでも初心者が成長できる仕組みに魅力 

導入の決め手として、TRXがどのレベルのトレーニングにも利用できることはもちろん、まだ日本に数台しか導入されていないTRX MAPSの機能が、24時間ジムに最適だったこともある。 

ファンクショナルトレーニングゾーンの傍らに設置したTRX MAPSは、たった30秒で動きの分析を行い、関節の可動性、筋の活性、姿勢、動きの対称性を測定し、個々にトレーニングメニューを全自動で作成する。分析結果は自身のe-mailに送り確認できるほか、使い方が簡単でスタッフのいない深夜にも利用しやすい。

さらに、トレーニング初心者でもメニューを提供できることも決め手となった。お客さまの反応について小川氏は、以下のように述べている。

「TRXを知らない人も、ワクワクするという見栄えの良さや、これはどうやって使うんだろうという反応がありました。また、TRX MAPSはお客さまが自分だけで目標をもち、自立したトレーニングができることが大きなメリットでした」

5月からは、TRXスモールグループトレーニングの提供を開始。使い方をマスターできる取り組みによって、ライトユーザーをしっかり取り込むことは、会員数の安定した増加には必須と考えている。ライトユーザーの方が本格的にトレーニングを行うお客さまになってもらえるよう、理想のジム環境づくりに余念はない。

同社ではこの形態を多店舗展開していきたい方針だ。

お問い合わせ・連絡先はTRX Training Japan株式会社まで。
メール:japan@trxtraining.com
電話:03-6805-0320