ジョンソンヘルテック株式会社のMatrixは、2001年の誕生以来、スポーツクラブ運営をサポートするマシン機器とサービスを提供することに強いこだわりをもってきた。フィットネス施設が抱える様々な課題を解決しようと、2020年7月よりすべてのカーディオ製品が20年振りにフルリニューアルされる。

ラインナップが、3シリーズのフレームと5種類のコンソールとシンプルになり、パフォーマンスとテクノロジーが融合した最先端のトレーニングマシンが誕生する。 

商品の特徴としては、主に下記の4つ。

  1. 自由に組み合わせられる柔軟性
    従来のカーディオ製品は組み合わせられるコンソールとフレームが決まっており、フィットネス施設の予算や好みに合わせた製品の選択肢が限られていた。しかしフルリニューアルされた本製品はそのような制限がなく自由自在。施設の細かなニーズにも対応できる。
  2. 進化したテクノロジー
    充電機能、運動ログ表示機能などが追加、グラフィックの向上。人気のMatrixオリジナルHIIT(高強度インターバルトレーニング)プログラム「Sprint 8」など従来オプションだった機能が標準搭載されるなど、テクノロジーをより手軽に導入できる。
  3. メンテナンスのしやすさ
    今までトレッドミルのベルトの下に格納されていたマシンを動かす主要部品を、マシン前方の別空間に移動することで、使用者の汗やホコリの侵入を防ぐ。また、同じ場所にコードを収納できるため、コードをホコリから守り、かつ施設の景観を保つことも可能に。
  4. ユーザーフレンドリーなデッキ
    Matrix初のスラットベルトを導入。4倍以上の耐久性を持ち、最小限のメンテナンスで16万キロ以上の使用が可能なため、アスリートやヘビーユーザーにも安心だ。着地の衝撃も和らげ、まるで羽の上を走っているかのような仕様に。また、移動を補助するためのキャスターも取り付けられているため、スタッフ1人での掃除も容易になる。

 

詳細はこちら
https://johnsonjapan.com/93232