ナレッジ・リンクス株式会社は「住みよさランキング※」で6年連続1位となっている千葉県印西市に、“運動できる”コワーキングスペース「Plus Fit」をオープンすることを発表した。(※東洋経済新報社調べ)

オープンは7月22日(月)、7月15日(月・祝)~20日(土)はプレオープンとなり、この期間中はどなたでも自由に施設が見学できるほか、7月15・20日は10~17時の間に限り無料開放を行う。

Plus Fitとは

Plus Fitは、小学生から利用可能なコワーキングスペース。
デスクスペースには仕事や勉強、あるいは趣味などに打ち込みながらも、自然と運動できる環境を設けた。さらに自重トレーニングやトレッドミルでのランニング、セルフケア等を行えるフィットネス&ケアスペースも設置した。

なお、施設利用は月額会員のほかにビジター利用も可能。また、パーソナルレッスンやパーソナルケアなど、会員・非会員に限らず利用できる予約制サービスも実施するという。 

 

施設内設備

  • ロッカー
  • フィッティングルーム
  • ウォーターサーバー、飲み物(コーヒー、お茶 など)
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • フィットネス用具
  • セルフケア用具
  • ポータブルDVDプレイヤー
  • テレビ
  • 電源(各席)
  • Wi-Fi完備
  • 各種充電ケーブル(各机に設置)
  • テーブル、机
  • 貸出し文具類
  • CD、DVD(ビジネス、スポーツ、勉強関連)
  • 書籍(ビジネス書、スポーツ専門書、参考書、図鑑 など)

 

オープンの背景について 

「当社では多くのフリーランサーとパートナーシップを持ち、コンテンツ制作を中心とした業務に取り組んで参りました。代表者も現役フリーライターとして活動しており、多様化する働き方は常に身近なものとして捉えております。また、ランニングに関するサービス「WILD MOVE」も運営。その中で、運動が脳に及ぼす影響などの重要性も感じ、運動と仕事、あるいは勉強や趣味との組み合わせによって、人々は高いパフォーマンスを発揮できるという考えに至りました。
コワーキングスペースなどフリーランスが働く環境は都市部に集中しております。しかしIT技術の進化や様々なサービスの誕生により、多くの職種では今や働く場所を選びません。コワーキングスペースは都市部ではなく、むしろ人々の生活圏にこそ必要になる時代。そんな中、千葉県印西市は東京都心や成田周辺で働く方々のベッドタウンとして人口が増加しています。一方、金融機関のデータセンターや研修施設、あるいは物流センターも多いエリアという側面を持ち、そこで働く人もまた少なくありません。こうした環境ではよりコワーキングスペースの需要が高いものと考え、「Plus Fit」は千葉県印西市での立上げを決定いたしました。
また、千葉県印西市には子育て世帯も増えておりますが、当社では子どもの身体や頭の発達にこそ運動が重要だと考えています。そのため、通常では見られない小学生から利用可能なスペースとすることで、子どもも運動しながら勉強などに取り組むことができ、その成長に貢献できるものと考えました。さらに同施設内で多用な年齢層の方々が交流することは、地域における新たなコミュニティの形成にも繋がります」

以上のようにコメントしている。

施設概要

所在地:〒270-1337 千葉県印西市草深67-7 佐藤第一ビル201

北総鉄道「千葉ニュータウン中央駅」「印西牧の原駅」より徒歩25分
千葉ニュータウン中央駅よりバス10分「高花2丁目」下車、徒歩1分
駐車場あり(最大4台)、ビル共用駐輪場あり

▼Plus Fit公式ホームページ
https://www.plus-fit.info