今回、株式会社ルネサンスが、女性の活躍推進に優れた企業として、経済産業省と東京証券取引所が共同で主催する令和元年度の「なでしこ銘柄」に、フィットネス業界において初めて選定された。

同社は、企業理念である「『生きがい創造企業』としてお客様に健康で快適なライフスタイルを提案する」ためには、従業員自身がいきいきと働いていることが不可欠と考え、多様な価値観や経験を有する従業員の活躍を通して新たな価値創造を目指す「ダイバーシティ&インクルージョンの推進」を、重要な経営戦略の一つに位置付けている。

特に女性活躍推進を重点施策とし、「キャリアデザイン研修」や「キャリア面談」を通じ、中長期的視点における人材育成に取り組んでいる。また、両立支援においては、当事者達が主体的に関わる「るねふぁみ+(プラス)プロジェクト」を発足し、ワーキンググループ活動を展開しながら、誰もが活躍できる風土醸成や環境整備に取り組んできた。

今後も、ダイバーシティ&インクルージョンの推進を通じて、一人ひとりが生きがいをもって働き続けられる会社を目指していくという。

ルネサンスホームページ「ダイバーシティ&インクルージョンの推進」の取り組み
https://www.s-renaissance.co.jp/csr/employee/

【参考】「なでしこ銘柄」について

経済産業省が東京証券取引所と共同で、2012年度より女性活躍推進に優れた上場企業「なでしこ銘柄」を選定し、発表している。なでしこ銘柄は、「女性活躍推進」に優れた上場企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じて、企業への投資を促進し、各社の取組を加速化していくことを狙いとしている。