近年、健康維持・増進やダイエットなどの様々な理由でフィットネスクラブ、スポーツジム、スタジオなどが利用されており、経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」によると、2016年度から2018年度にかけてフィットネスクラブの利用者は増加している。

国民生活センターでは、全国の20歳代~70歳代の男女に対して、フィットネスクラブ、スポーツジム、スタジオなどの利用についてインターネットアンケート調査を実施し、主なプログラムごとの経験や、体調不良またはけがの経験の有無などについて質問した。その結果、ホットヨガは他のプログラムと比べて「体調が悪くなった」、「けがをした」という経験をした人の割合が高い傾向にあることが分かった(詳細はアンケート調査を参照)。

PIO-NETには、フィットネスクラブ、スポーツジム、スポーツ教室、スタジオなどの運動施設(以下、フィットネスクラブなどとする)での危害に関する相談(危害情報)が寄せられている。

ヨガ専門のスタジオやフィットネスクラブなどでのホットヨガについても、「体験中や体験後しばらくしてから体調が悪くなった」という危害情報が寄せられており、フィットネスクラブなどの危害情報のうちホットヨガが占める割合が高くなっていた。

そこで、PIO-NETに寄せられたホットヨガの危害情報を分析すると共に、インターネットアンケート調査を行い、ヨガ専門のスタジオやフィットネスクラブなどのプログラムの中で行われているホットヨガを利用する上での注意点について取りまとめ、消費者に注意喚起すると共に、事業者に要望することとした。

ヨガ、ホットヨガとは

ヨガは古代インドに発祥した3000年近い歴史を持つ修行法で、現代では心身の健康法として応用されている。ヨガのレッスンでは、座って行うポーズのほか、立って行う、そらす、ねじるなどのポーズを取る。

ヨガを実施することについて、厚生労働省が運営する「統合医療」情報発信サイトでは、米国の国立補完統合衛生センター(NCCIH)の情報を引用し、「一般的にヨガは、十分に訓練を積んだインストラクターの指導の下で適切に行えば、健康な人には負担が少なく安全です」としている。

一方、高温高湿環境下で行うヨガは、「ホットヨガ」と呼ばれている。「統合医療」情報発信サイトによると、「ホットヨガでは、約40度もの高温多湿な環境で立ったり動いたりする。そのような設定では肉体的に大きな負荷がかかることがあるため、ホットヨガを行う人は、安全策を取らなくてはいけません」(表1) などとしている。

表1. 厚生労働省「『統合医療』情報発信サイト」内の ホットヨガに関する記載

<ヨガをお考えの方に>

関心のあるヨガの様式について慎重に考えましょう。たとえば、ホットヨガ(ビクラムヨガなど)では、約40度もの高温多湿な環境で立ったり動いたりします。そのような設定では肉体的に大きな負荷がかかることがあるため、ホットヨガを行う人は、安全策を取らなくてはいけません。ホットヨガを始める前後や行っている間に水を飲む、適切な服装にするなどすることが大切です。心臓疾患や肺疾患など、過度の熱により悪影響を受ける可能性のある人や、熱中症の既往歴がある人は、このタイプのヨガは避けたほうがいいでしょう。妊娠中の女性はホットヨガを始める前に医療機関に相談してください。

 

厚生労働省「『統合医療』情報発信サイト『ヨガ』」より引用

PIO-NETより 

(1)危害情報の件数 

フィットネスクラブなどを利用して体調が悪くなった、けがをしたなどの申し出のあった危害に関する相談(危害情報)は2015年度以降に833件寄せられている。これらをプールや機械を使ったトレーニングなど、危害を受けた人が行っていた内容別にみると、ホットヨガに関する相談が占める割合は他の内容よりも高く、165件と全体の約2割を占めていた(図1)。 

図1. ホットヨガに関する危害情報

なお、PIO-NETにはホットヨガに関する相談情報(危害情報を含む)は全体で、2015年度以降に1,658件寄せられている。2019年4月~2020年2月までの1カ月の平均は約31件だが、2020年3月は90件と増加しており、理由として新型コロナウイルス感染症の感染拡大への対策により店舗が休業したことなどによる解約の相談が増えた影響が考えられる。 

(2)危害情報の概要 

フィットネスクラブなどを利用したホットヨガに関する危害情報についてみると、危害を受けた人の性別は女性がほとんどで99%を占めた。また、40歳代が最も多く48件(30%)、次いで50歳代が40件(25%)、30歳代が28件(18%)と続き、中には60~70歳代からの相談もあった(図2)。 

図2. ホットヨガで危害を受けた人の年代別件数(n=159)

※無回答6件除く 
※割合は、小数点第2位を四捨五入しているため、内訳の合計は100%にならない。 

危害程度(n=126:不明39件除く)は、「医者にかからず」が81件(64%)で最も多く、「治療1週間未満」が27件(21%)、「治療1~2週間」が6件(5%)、「治療3週間~1カ月」が5件(4%)だった。中には、骨折などによる「治療1カ月以上」も7件(6%)あった。また、危害内容(n=159:不明6件除く)では「その他の傷病及び諸症状」が112件(70%)と最も多く、症状としてめまい、のぼせ、吐き気、頭痛などがみられた。 

(3)主な事例

【事例1】体験中に気分が悪くなり嘔吐してしまった。

ホットヨガの体験を受けたが40分ほどで具合が悪くなり、外へ出て休んでいたが嘔吐してしまった。「今日契約しないと安くならない」と言われ、体調が悪く迷ったが契約した。しかし、具合が悪く翌日から2日ほど寝込んでしまった。
(受付年月:2019年8月、60歳代、女性)

【事例2】体験した日の夜に頭が痛くなり、40度の熱が出た。

ホットヨガの体験を受け、体験終了後に「キャンペーンで翌月と翌々月のレッスン代が安くなる。今日の体験レッスン代が無料になる」と言われた。体調も気にならなかったので、良いと思い契約した。その夜、頭が痛くなり40度の熱が出て、ホットヨガが原因ではないかと思った。翌日医者に行くと体質に合わないのではないかと言われ、診断書を出してもらった。
(受付年月:2018年7月、40歳代、女性)

【事例3】体験後に入会したが、レッスンを受けると体調が悪くなり、頭痛もひどい。

ホットヨガの体験キャンペーンをインターネットで知り、予約をして体験を受けた。体験後に「このまま契約をする場合は入会金や事務手数料が不要で、当初2カ月間は月謝が安くなる」と言われ、入会申し込みをした。入会後に何度かレッスンを受けたが、湿度が高くて体調が悪くなる。帰宅後には頭痛もひどく、通いきれないと思った。レッスン中は水は頻繁に取っているのだが、熱中症のような症状である。湿度の設定について改善を求めたが、対応はできないとのことだった。
(受付年月:2018年6月、30歳代、女性)

【事例4】希望していない上位のレッスン中に気分が悪くなったが、途中退出の説明はなく我慢した。終了後に嘔吐。 

ホットヨガの体験を受けて入会した。その後、希望のクラスはまったく予約が取れず、希望していない運動量の多い上位のクラスしか予約できなかった。レッスン途中、暑い中で頭を下げるポーズが続いたため、倒れそうなほど気分が悪くなったが、途中退室についての説明はなかったので、最後まで我慢し参加した。終了後にトイレで嘔吐し、翌日も仕事を休むほど体調が悪かった。 
(受付年月:2017年6月、50歳代、女性) 

【事例5】体験後、片頭痛の持病があることも伝えて契約したが、翌日片頭痛と嘔吐がひどくなった。 

自分は片頭痛の持病がある。娘から誘われてホットヨガの無料体験を受け、約1時間ほどリンパマッサージも受けたが特に体調の変化はなかった。終了後に契約の説明があったので持病のことを話すと、「頭痛もなくなるかもしれない」と言われ安心して契約した。しかし、翌日片頭痛と嘔吐がひどく、2日間寝込んでしまった。とてもつらく主治医に相談したところ、「片頭痛の持病がある人には、ホットヨガは不適切だ」と言われた。 
(受付年月:2019年2月、50歳代、女性) 

【事例6】体験後から数日間、だるさがある。体験前に脱水症状の可能性などの説明はなかった。 

テレビのCMを見て、ホットヨガの体験に参加した。体験レッスンの前に既往症の確認はなく、脱水症状など体調不良を起こす可能性についても何も説明はなかった。自分は普段から運動しているが、体験後から2、3日間身体にだるさがありボーっとして力が入らない。 
(受付年月:2016年6月、40歳代、女性)