依然として、猛威をふるい続ける「新型コロナウィルス(COVID19) 」は、個人の健康管理の重要性はもちろん、公共空間における室内環境のあり方をも、改めて私たちに問うこととなった。密集・密接・密閉の「三密」を避けるべく、組織も人も、さまざまな対策を講じる日々が続いている。

感染予防対策として、様々な製品の需要が高まった中、特に売上が伸びたものとして空気清浄機が挙げられる。GfK Japan の調査によると、全国の家電量販店での空気清浄機の販売台数は 2、3月期で前年比18%増となった。近年、生活者のニーズは単に温度や湿度を調整するというだけにとどまらない。花粉やほこり、ウイルスなど、空間に漂うさまざまな微生物・菌を除去すべく、空気清浄機もさまざまな機能が搭載されることで、「快適に過ごす」だけでなく「安心して暮らす」ことに寄与するようになった。昨今のコロナ禍は、そうした「室内環境には、快適性だけでなく安心感を」というニーズを改めて浮き彫りにし、更に加速させる 契機となっている。

「安心できる室内環境を」というニーズは、一般家庭に限ったことではなく、オフィス や医療福祉施設などのパブリックスペースに おいても、今後同様の需要は高まっていくことと予想される。しかし、家庭用空気清浄機の適用床面積はおよそ20〜30畳程度 。大人数 が利用するパブリックスペースにおいては、「これ 1台で」というわけにはなかなかいかないのも事実。仮に複数台設置しようにも、「置くスペースに苦慮する」「給水の手間が大変」など、さまざまな問題点が生じることとなるだろう。

“パブリックスペース”を安心な空間にする空気清浄機の「3つのポイント」

  1. 1台でいかに広い空間をカバーできるか?
  2. 高度な除菌性能をもっているか?
  3. 給水や排水といった日々の手間を、どのように少なくすることができるか?

以上のような課題をどのようにクリアできるのかが、大人数が利用するパブリックスペースにおける、「安心できる室内環境づくり」のポイントであるといえる。

広い空間にも「安心な空気」を提供。クボタの業務用加湿空気清浄機「ピュアウォッシャー」

2016年、クボタでは業務用加湿空気清浄機「ピュアウォッシャー」を発売した。1台で大空間を除菌・加湿・消臭・空気清浄(除塵)出来るだけでなく、除菌や清掃に使える微酸性電解水を直接取出すことも出来る、などの利点から、介護施設・医療施設・保育園 こども園・オフィス・店舗・工場など様々な場所で広く利用されている。
「おもてなしの行き届いた店舗づくりにつとめるなか、空気環境の面から気持ちのいい店舗空間に貢献してくれている」(自動車販売店 ショールーム)「夕方以降に喉が痛くなるということがなくなった。空気環境の改善によって従業員満足度も向上した」(コールセンター)といった声をいただき、 2020年11月現在、同製品を導入いただいた法人数は約300 、 設置台数は約1,000台にのぼる。
さらに、某大手スポーツジムにおいてもすでにピュアウォッシャーの導入が進められている。確かな除菌効果により会員さまに安心感を持ってもらうことに一役買っているだけでなく、ジム内の消臭も同時に行うことができる点にも価値を感じていただいている。
製品情報サイト:https://www.kubota.co.jp/product/purewasher/

「ピュアウォッシャー」の特長①:テニスコート1面分、大空間を「これ1台で」カバー

ピュアウォッシャーの適用床面積は約200 ㎡(= 60.5 坪)。ほぼテニスコート 1 面に相当する広い空間を1台でカバーできる大空間仕様となっており、最大 1400㎥/hの大風量で、広い室内でも効果が隅々まで行き渡る。

「ピュアウォッシャー」の特長②:高い除菌力をもつ「微酸性電解水」を採用 空気だけでなく様々な用途に

ピュアウォッシャーで生成される「微酸性電解水」には、高い殺菌力を誇る次亜塩素酸が多く含まれており、ノロウイルスをはじめとした幅広い菌やウイルスを抑制する効果が見込まれる。また、2002年には厚生労働省が食品添加物にも指定した、人体にも安全な機能水。この微酸性電解水は、本体から簡単に取り出すことができ、拭き掃除や手指の除菌に活用することも可能。空気をきれいにするだけでなく、部屋の除菌をサポートすることができる。

※ピュアウォッシャーから生成される微酸性電解水は、水質などの状況によっては組成が変化し、食品添加物の基準を外れる場合がある。そのため、生成した電解水を口に入れる前提の用途(食品、食器の洗浄等)での使用は推奨しない。

「ピュアウォッシャー」の特長③:自動給排水で給水・排水の手間いらず

ピュアウォッシャーは給排水接続式で運転されるため、水の給水や排水が自動でなされる。また定期メンテナンスも専門業者が実施するため、家庭用空気清浄機にあるような、給排水や手入れの手間が一切ない。
曜日ごとに運転時間を設定できるタイマー運転、自動洗浄、そして湿度が設定値に達すると加湿をオフする加湿セーブ運転など、便利な機能を多数搭載しており、操作は全てタッチパネルで直感的に操作することができる。

「ピュアウォッシャー」の効果を示す実証データと微酸性電解水の特長

  • 加湿力
    1時間当たり最大2.7kg/h加湿(20、RH30%、風量=標準送風量:最大1400㎥/h水蒸気を含んで加湿された空気が、大容量のファンのチカラで、広いお部屋の隅々まで行き渡る。
  • 消臭力
    アンモニアを代表とする4大悪臭成分(アンモニア、硫化水素、トリメチルアミン、メチルメルカプタン)は、水溶性の物質。ピュアウォッシャーは水の力で空気清浄するエアワッシャ技術を搭載し、空気中の水溶性ガスを水で吸収して取り除く。
  • 除菌力
    浮遊ウイルス、浮遊菌を10分で99抑制、付着菌を60分で99抑制
    注:インフルエンザ、COVID-19など、特定の菌・ウイルスに対する効果は確認していない。
    試験機関:(一財)北里環境科学センター
    試験方法:25㎡試験空間でのウイルス数、付着菌、付着ウイルスの変化を計測
    報告書No:①浮遊菌北生発2015_0302、②浮遊ウイルス北生発2015_1302、③付着ウイルス北生発2015_2302

「ピュアウォッシャー」導入企業各社の声

導入事例①:株式会社フォーブル(タクシー・バス会社、広島県広島市)

当社は2018年に創業50周年を迎えましたが、地域の皆様に選ばれ続けるため、「究極のおもてなし」を追求してまいりました。その中で「究極のおもてなし」を担うのは社員一人ひとりとの考えのもと、社員の安全・安心の取り組みとして、「ピュアウォッシャー」を設置しました。お客様をお迎えする車両内での取り組みに加え、従業員が集う事業所内の取り組みを進めることで、より一層の安全・安心と、「究極のおもてなし」のご提供につながると考えております。

これまでも、車内換気や消臭に加え、車内消毒や乗務員のマスク着用などを進めてまいりました。一方で、公共交通を担う企業として、社員や社員の家族を含めた包括的な取り組みの必要性が高まっています。今回導入した「ピュアウォッシャー」は、1台で事業所をまかなえる清浄力に加え、生成される「微酸性電解水」は、除菌スプレーとして車両や事業所内の清掃に使用しています。また、従業員に持ち帰ってもらい、個人や家族の健康管理にも役立てています。

公共交通において、より一層の安全と安心の提供が求められる中、車両をより快適、清潔にし、社員の健康を保つうえで、ピュアウォッシャーを導入した意義は大きいと感じます。空気という目に見えないものだからこそ、お客様、そして従業員とその家族、さらに地域社会に対して、可能な限りの取り組みを行うことが、「究極のおもてなし」という当社の企業姿勢の体現につながると考えています。

導入事例②:高橋計行クリニック(透析・腎臓疾患専門病院、大阪府堺市)

当院は、「ここに来てよかった」と、心から実感していただける透析クリニックを目指しています。透析患者様の多くは、週に3回、年間通じて通われていますので、他の病院とは違ってお付き合いが長くなります。そのために自宅と同じくらい、居心地の良い空間を目指すことが大事だと考え、通院される患者様が、不安に思われることを一つ一つお伺いし取り組んでまいりました。特に空調については温度ムラや気流感の低減、また湿度などにも注意を払っています。

さらに通院される患者さんはご高齢の方も多いですから、感染症予防という点でも院内空間の衛生面は特に気を付けています。すでに、透析室などでは弱酸性次亜塩素酸水を噴霧し空間殺菌を行っており、食事など休憩時に利用される待合室の空間衛生を実現したいと考えておりました。そこで着目したのがピュアウォッシャーでした。

ピュアウォッシャーを設置した当初、患者さんが「深呼吸したくなるクリニックや」とおっしゃっていたので、気持ちよく通院いただくことに役立っているのかなと思います。広い空間を1台でカバーできて、給排水も自動でしてくれるので、スタッフの手間がかからない点も評価しています。また、デザイン的にも待合室の雰囲気を邪魔しないので、その点も喜んでいます。

これまで以上に空間の安全性に不安をお感じになる方がおられるかもしれません。多くの患者様が長時間滞在される透析クリニックとして、「この空間は大丈夫なのか?」という不安に対し、クリニックとして対応に取り組む姿勢をお示ししてご安心いただく。そうすることで、手洗いやうがいなど、患者様お一人お一人からのご協力を得やすくなるのではと考えています。その点でも、ピュアウォッシャー導入の意味を感じています。

株式会社クボタについて

1890(明治23)年の創業以来、水道用鉄管による近代水道の整備、農業機械による食料増産と省力化、環境施設による人類と環境の調和など、暮らしと社会に貢献するさまざまな製品を提供してきた。クボタは「ForEarth,ForLife」のブランドステートメントのもと、優れた製品・技術・サービスを通じて食料・水・環境分野の課題解決に挑戦し、「SDGs」の実現と、地球と人のさらなる未来を支え続けていく。

  • 代表取締役社長
    北尾 裕一
  • 売上高
    19,200億円(2019年12月期・連結)
  • 従業員数
    41,027名(2019年12月31日現在・連結)
  • 本社所在地
    大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号

クボタの空調関連事業について

高度経済成長期の建設ラッシュによる施設の空調機器ニーズに合わせ、1970年(昭和45年)米・トレーン社との合弁企業「クボタトレーン株式会社(現:クボタ空調(株))」を設立。現在では全国の高層ビル、大規模ショッピングモールに加えて、精密工場やデータセンターなど、気密性や防塵、防錆性能を必要とする工場・施設、さらに施設園芸農業向けの空調機などを展開している

「ピュアウォッシャー」は、工業用クリーンルームで求められる微細な粉塵の除去や、ガス状汚染物質の低濃度化で培ったエアワッシャ技術を応用した業務用加湿空気清浄機として2016年に発売。2019年より、クボタ製計量機器の販売メンテナンスを扱う「(株)クボタ計装」での販売を開始。産業界の様々な領域で求められる計量機器・計量システムの販売で培ったネットワークを活用し、「健康経営」の観点から関心の高まる「安心・快適」な職場環境や公共空間の構築に取り組んでいる。

クボタは、1890年の創業以来「人々の豊かな暮らしを支えていく。」という想いから事業を展開し、2020年に創業130年を迎えた。これからも製品、サービスを通して暮らしと社会に貢献していく。